アノニミティについて

アノニミティ(無名にとどまること)について

 ACODAでは、メンバーのプライバシーを固く守る。

 また、ACODAは同等の立場の人間の集まりである。ACODAの中では個人の氏名、住所、地位も一切問われず(年齢、性別、グループに通っている期間にも関係なく、平等で)、上下関係はない。

 グループのアノニミティ

 私たちはお互いのプライバシーを守るため、ミーティングでの話の内容をそのミーティング以外の場所で明かさない。グループの中で、自分のプライバシーをどこまで明かすかは、自分で自由に決められる。

 マスコミ、公の場でのアノニミティ

 私たちが、ACODAメンバーとしてマスコミに出る場合、顔を見せることと姓名を名乗ることはしない。公の会合でACODAメンバーとして話をする際も、フルネームは出さない。これにより、一個人が脚光を浴びること(支配欲、自己顕示欲)に歯止めがかけられる。

 いずれの場合も、ACODAメンバーとして話をする。

 なお、ACODAメンバーであることを表明しない際に、マスコミや公の場で自分の姓名やACの立場を明かすかどうかは、自分で自由に決められ、明かしても伝統に反しない。

 (AAワールドサービス社の許可のもとに、一部修正の上転載。)

コメントを残す